• « 2017·09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  •  »
--’--.--・--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Categorieスポンサー広告  - - TOP

2011’07.05・Tue

検査結果


R0011319_20110702132610.jpg

マメルリハの自慢の部分と言える瑠璃色の腰の羽が、
こんな風にギザギザにになってしまいました。
パピさん自分で羽を齧ってしまっているようなので
健康診断がてら、7月2日に病院で検査をしてきました。

R0011357_20110705180708.jpg

病院には一番乗り。
病院にはこれで3回目なのでこれから起こる事が分かっているのか
待合室で不安そうにソワソワしているパピ氏。

R0011358_20110705180456.jpg

まず、触診から始まったのですが
キャリーから出たとたん恐がって飛び回って大騒ぎ(汗)

ギザギザになった腰の羽の部分や、翼の裏側
体中の羽をかき分けてダニなどがいないか、
また体型や筋肉の付き方(太ってないか)、皮膚の状態や色
を触診でしっかり診て頂きました。

触診・そのう液検査・そのう液染色検査・羽毛検査・便検査の結果、
異常な所は見つからず、腰の羽を齧っている部分以外は問題なしとの事でした。

皮膚の状態もとても綺麗で腰部分の羽以外はどこも齧っていなく
羽自体のコンディションも良好。
嘴も色もよく良い状態、脚の皮膚もとても綺麗。
体の肉付きも太くもなく細くもなくしっかりしている、との事です。

そのうや便にも寄生虫や悪いバクテリア、メガバクなども検出されず
異常なし。
体自体は、いたって健康だそうです。

となると、、、齧っているのは精神的な事が原因!?
うわぁ~~ん、、、そっちだと厄介かもぉ。。

もしかして・・発情をコントロールするために
ケージ内のオモチャを撤去した事が原因でしょうか?と
先生に聞いてみた所、それも考えられるかも知れませんと事。

発情コントロールよりも、このまま食羽が深刻な毛引きにつながらないように
オモチャをケージに戻して様子を見る事になりました。

R0011359_20110705180456.jpg

そのう検査ですっかり凹んでしまったパピ氏。
しっかり検査してもらって、とりあえず体は異常はなかったので安心しました。

















スポンサーサイト

Categorie病院  トラックバック(0) コメント(2) TOP
Genreペット Themeインコだぁーい好き

2011’07.02・Sat

病院に行ってきますね

[広告] VPS


[広告] VPS


もう少ししましたら、病院に行ってきます。
何も知らない余裕のパピさん、、

結果は後でお知らせします。

Categorie病院  トラックバック(0) コメント(0) TOP
Genreペット Themeインコだぁーい好き

2010’09.18・Sat

油断してしまいました><

猛暑だったつい最近が嘘のよう。
京都も、朝晩涼しく日中も過ごしやすくなってきました^^
もうすぐ秋がやってきますね♪嬉しいなぁっと浮かれていた矢先、、、。

今朝のパピ氏、、どうも様子が変でした。
いつもならご飯を催促する元気な鳴き声が、今朝はしない。
あれ?っと様子をみてみると、なにやら嘴がモゴモゴ。
吐き戻しかな?と思いつつよく見てみると、ドシャ~と水のようなものを
吐き始めました。

ど、、、どうした!!

本当にびっくりしました。それから数回、水のようなものを吐き
嘴をモゴモゴ。
いつもならピンクの嘴が、若干青みがかってみえる。
あぁ、、どうしよう。
病院に連れて行かなくっちゃ。
症状が少し治まってきたので、呼び寄せて指に止まらせてみると
足が冷たい><

とりあえず保温だ!と、プラケースとパネルシートヒーターを用意して
薄暗くして暖めて、、ドタバタ、、汗々、、。。

病院に行ける時間になるまで、暖めて安静にしていると
プラケースの中から元気にご飯の催促の鳴き声が。
布をめくって確認してみると、普段のパピさんの様子。
お腹が減ったと怒っているので、ご飯を入れると
喜んで食べてる。足も温かくなって、嘴の血色もよくなりつつある。
病院は少し休ませて、夕方に行く事にしました。

夕方頃には普段のパピに戻っていましたが、水を吐き戻した事は
気になるので、しっかり検診してもらいに病院へ向かいました。

便検査とそのう検査をしてもらう事になり、
↓検査結果待ちのパピさん。

201009171801001.jpg
そのう検査後の落ち込むパピさん。ある意味、胃カメラ飲む以上の苦痛かもね、、。
検査結果をまつ間、
メガバクかなぁ?それともそのう炎?どうしよう、不安でいっぱい><

しかしながら検査結果は、糞もそのう液もどちらも良好。
メガバクもなし、そのう液にも変な菌やバクテリアもなし。
体重変化もなし。
水分を吐いた事は、朝晩の急激な冷え込みからきてるのでは
ないか、、との事。

そういえば、今朝は陽が上がっても肌寒いくらいだった。
タオルケットでも寒かったから肌かけ布団をだしてくるまって寝てた私。
だけど、パピさんは夏用の薄いケージカバーのままだった。
迂闊でした。

今日からは、ホーエイからでている厚手の純正カバーと夏用のカバー
2枚を重ねて、獣医さんの指導のもとパネルヒーターをパピが寝ているケージの
側面に外側から立てかけて温度を夜だけ上げて様子をみることに。

猛暑から一転、急激な温度差が原因で小鳥の診察が増えてきているとの事でした。
涼しくなったと浮かれていたのは人間だけで、小さな小鳥には悪い事をしました><

気温の変化にもっと気をつけるべきでした。

















Categorie病院  トラックバック(0) コメント(4) TOP
Genreペット Themeインコだぁーい好き

2010’07.29・Thu

AGYと初めての病院。

CIMG0050.jpg

ちょっと前の話になるのですがパピさんに気になる事が
ありまして、健康診断を兼ねて動物病院に行ってきました。
パピさんをお迎えして、はや8ヶ月。
恥ずかしながら、これが初めての健康診断です(汗)

今回健康診断に行こうと思ったきっかけは、パピさんのお里さん
の所からメガバクの報告がブログに書かれていた事です。

もっと早くに健康診断に行くべきだった、、と反省しつつ
不安な気持ちで検診を受けてきました。

最初に便検査。
パピの糞を採取し、一旦、診察室から離れる先生。。。

ドキドキドキドキ、、、、><

先生が戻ってきての一言。

今回の検査では、便にメガバクが発見されませんでしたとの事!
ただ中には糞の中にメガバクが検出されなくともメガバクが体の中に
ある可能性もあるとの事。

次に触診。
嫌がるパピさんを、いとも簡単に保定する先生の勇姿に
ウットリ♪で、、はなくって尊敬の眼差し。。
必死にガブしようと首をグリグリ動かすパピさんを軽くあしらい
ながらも、体中を丁寧に触診。

そのうにもしっかり餌が入っている事、
胸の筋肉の萎縮もなく良い体型をしていること、
羽にも異常がない事、下痢や吐くなどの
症状もない事。体重も31gで問題もない事をふまえて
おそらくは大丈夫でしょう、、とのことでした。

とりあえず今回はなんの異常も発見されませんでしたが
これからは定期的に健康診断に連れて行こうと思います。

メガバクで治療されているすべての小鳥さんが早く
よくなりますように。。
すべての鳥さんと、その飼い主さんが幸せでありますように。。











Categorie病院  トラックバック(0) コメント(0) TOP
Genreペット Themeインコだぁーい好き

 |TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。