FC2ブログ
  • « 2018·08
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  »
--’--.--・--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Categorieスポンサー広告  - - TOP

2011’05.30・Mon

クリッカー?しつけ?

RIMG0317.jpgしつけ_convert_20110530050927_convert_20110530051308




クリッカートレーニングを始めて半年が過ぎました^^
パピの噛み癖に悩み購入した「インコのしつけ教室」で
クリッカートレーニングを紹介されていたのがきっかけです。
著者の青木愛弓先生のHPバードトレーニング *BIRD TRAINING*も紹介されていて
クリッカーを使って躾をしよう!と思っての事でした。

今思えば、その時の私はインコに躾の意味を取り間違っていたように思います。
それはクリッカーを使って私の指示通りにインコを動かせるようになれば
噛み癖もなくなると思い込んでいた事。

クリッカーを始めて数週間でパピは、
ステップアップ、握手、片足を上げてハーイ、ターン、こっちにおいで
をスラスラ覚えてくれました。

クリッカーを使う様になってから変わった事は肩に止まっているときに
手を差し伸べると必ず噛まれていたのにステップアップのかけ声で噛まずに
肩から降りてくれる様になった事。
肩に止まるよりも指に止まってくれる事が多くなった事。
その事からクリッカー=躾が出来た(噛み癖が治った)と思い込んでいたけれど・・・
でも、やっぱり回数は減ってもきつく噛まれる事もあるんですよね。


あそんで
そんな中出会った本「遊んでしつけるインコの本」こちらの本も著者は青木先生です。
遊びのレシピが可愛い写真と分かりやすい文章で説明されています。
こちらの本を読んで、

インコのしつけ=飼い主が鳥の上に立つ事(主従関係)ではなく、
インコのしつけ=お互いの意思疎通や信頼関係を持つ事 だと理解できるようになりました。

そう思える様になってから改めて「インコのしつけ教室」を読んでみると
パピが何故キツく噛むのか、また自分がパピにどんな風に思われているのか
良くわかるようになりました♪

もし、噛み癖に悩まれている飼い主さんがおられましたら
紹介した2冊の本をおすすめします♪

鳥さんの気持ちを知る事が大事なんですよね^^

にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
もっとインコの事が知りたい飼い主に応援のポチ♪をお願い致します

Categorieクリッカー  トラックバック(0) コメント(4) TOP
Genreペット Themeインコだぁーい好き

Next |  Back
こんばんは、こたろうの彼女の一不です(^^)
噛み癖を楽しく無くすようにどうしようか考えていたので
早速、オススメの本購入して読んでます!
隅々まで読んでこたろうが何で噛むのかを理解していこうと思います!!

こたろうと共に立派な紳士淑女になれるよう頑張りますね(笑)

一不:2011/05/30(月) 22:18 | URL | [編集]

こんにちは。わたしも「遊んでしつける」両方を読んで、
あらためて「しつけ=服従」ではないと考えました。
でも、ある程度噛むのはやっぱり仕方ないように思います。
だって、噛むのがコミュニケーションツールなんですもの。
無駄噛みは減らしたいですが、噛まれてナンボ!
の強い気持ちで立ち向かいたいです。
いや、むしろ、うちはもっと噛んでほしいくらいの現状。
お、昨日よりしっかり噛めてるね!と言って
喜んでいるくらいなので(笑)。

Rakuちゃん:2011/05/30(月) 23:25 | URL | [編集]

一不様 コメント有り難うございます^^

私も昨日、改めてじっくり読みましたよ~。
何度読んでも、ハ!!なるほど!!となります^^
こたろう君が何故噛むのかわかると、噛まれる恐さはなくなりますよ♪

poi☆:2011/05/30(月) 23:42 | URL | [編集]

Rakuちゃん 様

ご訪問とコメントを有り難うございました!とっても嬉しいです^^
わたしもひなたちゃん、ひおりちゃんの記録をいつも読ませて頂いてます。

マメルリハが噛む事って彼らを観察していれば
噛む事がいけないことだと思わない様になりますよね。
嘴を手の様に使っている事や、感情を表すサインとしても使われている事
発情の関係、その他もっといろんな理由があっての事だとわかると人間がどう彼らと
接していけばいいのか分かるようになりますよね^^

poi☆:2011/05/30(月) 23:56 | URL | [編集]

Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。