• « 2017·11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  •  »
--’--.--・--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Categorieスポンサー広告  - - TOP

2011’07.16・Sat

長期ホームステイ

RIMG0593.jpg

妹宅のノア君が我が家にホームステイにやってきました^^
妹は仕事で日中居ない事から放鳥時間が取り難く
手乗り度が落ちてしまっていたのと、猫さんが2匹いる状況が
ノア君は恐かったのか萎縮してしまっていたので、お預かりする事に。
(このまま我が家の子になってしまうかもぉ^^)

RIMG0553.jpg

初日は緊張してコチンコチンになっていましたが
今日はリラックスした様子で朝から水浴び♪
おしゃべりも自分の名前を小さな声で鳴いていました。

今日はノア君が大好きな食べ物を使ってオヤツの受け取りの練習。
ノア君はヒマワリの種はあまり好きではないようだったので、
蕎麦の実を与えてみたら喜んで受け取ってくれました^^

蕎麦の実をご褒美に指にステップアップの練習を少し。
オヤツが貰えると分かったみたいで、緊張も解れて
指に乗ってくれるようになりました^^

RIMG0598.jpg

家に連れて来てすぐに健康診断も行って来て
健康面でも問題なし^^
これから楽しく我が家で過ごしてくれると嬉しいです。


RIMG0597.jpg

大所帯になりましたが、パピ氏の今までのライフスタイル(放鳥時間や優先順番、衛生管理など)
極力変えず新入りちゃん達とうまく生活できるようにしていきたいと思います。

RIMG0582.jpg
ところで今日ちょっと驚いた事が。

ノア君のステップアップの練習中に、パピ氏は大きな声で「クリッカー・ホシイ~!」
と叫びました。
慌てて駆け寄ってクリッカーする?と扉をあけるともの凄い勢いで指にとまって
ハイ!!ハイ!!と脚をあげてアピール。
メラメラとライバル心が出ての行動でしょうか。
この事から先にパピ氏からトレーニング遊びをして
その次にノア君の順番にしないと、と思いました。

パピさんは最近「ホシイ」と「イヤイヤ!」の言葉をうまく使いこなすように
なり、いろんな要求をするようになりました^^;

「オイシー・ホシイ」
「クリッカー・ホシイ」

ねんねする?と聞くと「イヤイヤ!」
あっちに行ってと言うと「イヤイヤ!」
もうおしまいと言うと「イヤイヤ!」
まるで小さな子どものようです。

ただ知らない人の前やカメラの前(動画)はお口が固くなって喋ってくれないので
残念です。









Categorieマメルリハ  トラックバック(0) コメント(2) TOP
Genreペット Themeインコだぁーい好き

2011’07.13・Wed

パピさん!危機一髪!!


RIMG0515.jpg

ちょっと目を離した時にパピさんやらかしました><
上の写真のラックの隙間部分に頭を突っ込んで
頭と片羽が引っかかって抜けれなくなってもがいていました><

慌てて助けにいきました。
下からそっと頭を手で押しやり引っかかった翼部分を
そっと外してあげる間おとなしく身を任せてくれたので
すぐに助け出す事が出来ました。

パピもしばらくショックだったのか、指に止まって
目とショボショボさせていました。。
小さな鳴き声で「クークー」と甘えてカキカキをねだり
痛い所はない?と声を掛けながら体中を指で探っても
怒って噛み付つきませんでした。

助けられている事を理解しているとしか思えませんでした。

RIMG0517.jpg

隙間に頭を突っ込まない様に全面を布でカバー!
怪我がなくって良かった・・・行きた心地しませんでした><

事故が起こらない様に部屋中を安全確認、
放している時は目を離さないが鉄則ですね!

[広告] VPS


しばらくすると、いつもの調子のパピ氏に戻り
一安心。

それにしても、、ツンデレキャラですなぁ~。



Categorieご飯と健康について  トラックバック(0) コメント(2) TOP
Genreペット Themeインコだぁーい好き

2011’07.09・Sat

食羽対策その2



発情コントロールの為に撤去していたオモチャを
戻しました。
年に2度の発情は通常の事なのに、発情=抑えなきゃ!
になってしまってパピさんにストレスを与えてしまっていました><

RIMG0500.jpg

オモチャはパピ氏のお気に入りを新調。
齧り系2点はぴろりふぁ~むさんのハンドメイドトイ、
揺らして遊ぶオモチャはSBCのもの。
パピ氏、とっても嬉しそうにパピパピ鳴きながら遊んでいます。
ぴろりふぁ~むさん、素敵なオモチャを有り難うございました!

RIMG0501.jpg

パピ氏お気に入りの遊び場にも新しいオモチャ。
青いバケツには、これまたぴろりふぁ~むさんの毛引き対策のオモチャ。
何度も嬉しそうに覗き込んでいました^^

RIMG0503.jpg

天気の良い朝に恒例となった、霧吹き水浴び。
蓄圧式の霧吹きに変えました。
これですと、圧力で勝手に霧が出て来るのでラクチン♪
また普通の霧吹きよりも霧が細かく優しいのでパピ氏も
嬉しそうに浴びてくれています。


RIMG0502.jpg

霧吹き効果なのか嘴と脚がとっても綺麗になっています。
マメ粉が綺麗に流されているからかな?
嘴も脚もピンクでツヤツヤ、しっとり^^

気になる食羽も今の所、進行していないように思います。






Categorie食羽  トラックバック(0) コメント(1) TOP
Genreペット Themeインコだぁーい好き

2011’07.06・Wed

食羽防止対策

R0011354.jpg

毛引き(食羽)の原因の一つ低湿度防止の為に
天気の良い日は日光浴もかねて、霧吹きでの水浴びを
取り入れてみました。
最初はビックリしていましたが、すぐに慣れたようです。

R0011353.jpg


普段の水浴びでは脚とお腹がほんの少しだけ濡れる程度なので
霧吹きでの水浴び後は体全体が濡れるので、
乾いた後はスッキリフワフワ~♡
ついでにケージも隅々まで綺麗に拭いて日光消毒。
夏の間は霧吹きシャワーを日課にしようと思います^^


R0011355.jpg

日中の放鳥中も暇にならないように、遊びコーナーを所々に作りました。

R0011356.jpg

オヤツも箱に入ったものを用意、簡単には食べれません。
食べる為に頑張ってもらってます^^

RIMG0475_20110705180455.jpg

ちょっと疲れたらお気に入りのコーナーで一休み^^

食羽をしないように、楽しく忙しく過ごせる様に
生活環境を工夫していこうと思います。


コンパニオンバードの病気百科―飼い鳥の飼育者と鳥の医療に関わる総ての方々に薦める“鳥の医学書”コンパニオンバードの病気百科―飼い鳥の飼育者と鳥の医療に関わる総ての方々に薦める“鳥の医学書”
(2010/03)
小嶋 篤史

商品詳細を見る

鳥さんの体の仕組み、病気についてもっと勉強しようと
こちらの本を取り寄せました。
今晩、ゆっくり読んでみようと思います。







Categorie食羽  トラックバック(0) コメント(0) TOP
Genreペット Themeインコだぁーい好き

2011’07.05・Tue

検査結果


R0011319_20110702132610.jpg

マメルリハの自慢の部分と言える瑠璃色の腰の羽が、
こんな風にギザギザにになってしまいました。
パピさん自分で羽を齧ってしまっているようなので
健康診断がてら、7月2日に病院で検査をしてきました。

R0011357_20110705180708.jpg

病院には一番乗り。
病院にはこれで3回目なのでこれから起こる事が分かっているのか
待合室で不安そうにソワソワしているパピ氏。

R0011358_20110705180456.jpg

まず、触診から始まったのですが
キャリーから出たとたん恐がって飛び回って大騒ぎ(汗)

ギザギザになった腰の羽の部分や、翼の裏側
体中の羽をかき分けてダニなどがいないか、
また体型や筋肉の付き方(太ってないか)、皮膚の状態や色
を触診でしっかり診て頂きました。

触診・そのう液検査・そのう液染色検査・羽毛検査・便検査の結果、
異常な所は見つからず、腰の羽を齧っている部分以外は問題なしとの事でした。

皮膚の状態もとても綺麗で腰部分の羽以外はどこも齧っていなく
羽自体のコンディションも良好。
嘴も色もよく良い状態、脚の皮膚もとても綺麗。
体の肉付きも太くもなく細くもなくしっかりしている、との事です。

そのうや便にも寄生虫や悪いバクテリア、メガバクなども検出されず
異常なし。
体自体は、いたって健康だそうです。

となると、、、齧っているのは精神的な事が原因!?
うわぁ~~ん、、、そっちだと厄介かもぉ。。

もしかして・・発情をコントロールするために
ケージ内のオモチャを撤去した事が原因でしょうか?と
先生に聞いてみた所、それも考えられるかも知れませんと事。

発情コントロールよりも、このまま食羽が深刻な毛引きにつながらないように
オモチャをケージに戻して様子を見る事になりました。

R0011359_20110705180456.jpg

そのう検査ですっかり凹んでしまったパピ氏。
しっかり検査してもらって、とりあえず体は異常はなかったので安心しました。

















Categorie病院  トラックバック(0) コメント(2) TOP
Genreペット Themeインコだぁーい好き

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。